ドッグスポーツの案内所
━━━━━━━━
オビディエンス
競技内容
━━━━━━━━
オビディエンスというのは、 服従訓練のことです。

OPDES オビディエンス競技(試験)は、 ジャパンケネルクラブ(JKC)などの主催で、 家庭犬訓練競技会が、行われています。

どんなことを訓練し、 採点されるかは、 次のようになります。

1.紐付き(紐なし)で、横について歩かせる。
2.座って(伏せて)待たせる。
3.歩きながら座れや、伏せからの呼び寄せなどを命令し、指示に従わせる。
4.ダンベルなどを取ってこさせる。
5.障害物を乗り越えて、ダンベルなどを取ってこさせる。
などがあります。

ハンドラー(飼主)は講習を受けた後、筆記試験を受けます。

30日以上の間隔を開ければ何度でも再受験することができます。

犬の訓練所や、訓練士さんによる出張訓練などで訓練して挑戦してみて下さい。

家庭犬訓練競技会の他に、 IPO(国際訓練試験)といって、 足跡追及、服従、防衛などの競技もあります。
━━━━━━━━
メニューに戻る
TOPに戻る